グローバルメニュー

株式会社トータルデザインセンター facebook ページへ

株式会社トータルデザインセンター Instagram ページへ

TDC happy プロジェクト
tdc Happy Project

happy プロジェクトとは

私達トータルデザインセンターは、「毎日をhappyに」という企業理念のもと、様々な活動に取り組んでいます。
社員一人ひとりの幸せを追求すると共に、持続可能な社会への貢献にも努めています。
活動を通じて、人、環境、社会、全てがhappyになることを目指しています。

01はしながおじさん

児童養護施設の子ども達に
新しいお箸をプレゼントする
プロジェクト

  • SDGs 1.貧困をなくそう
  • SDGs 16.平和と公正をすべての人に

はしながおじさん

日本全国には様々な理由で約3万人の子ども達が児童養護施設で生活しています。
その多くはサイズが合わなくなったり、多少傷がついたりしていても、はじめに手にしたお箸を大切に使い続けています。
「お箸」という身近なモノを通じて子ども達に笑顔を届けませんか。
対象のお箸一膳のご購入につき一膳、児童養護施設で生活する子ども達に新しいお箸がプレゼントされます。
贈った人も、贈ってもらった子ども達も笑顔に、そんな笑顔が広がる仕組みを作りたいという思いから「はしながおじさん」ブランドは生まれました。

02シゴトの図鑑

児童養護施設の子ども達に
夢や目標を持ってもらう
きっかけづくり

  • SDGs 1.貧困をなくそう
  • SDGs 16.平和と公正をすべての人に

シゴトの図鑑

「シゴトの図鑑PROJECT」とは、児童養護施設等の子どもたちに、今ある環境にばかり目を向けるのではなく社会の広い世界を知り、自分の可能性を広げ、未来に夢や希望を持って欲しい。そんな思いから始まったプロジェクトです。
社会見学や職業体験など、新しい情報や体験を通じ、多くの仕事を「知り」「学び」「憧れる」ことで、今まで考えもしなかった夢や目標に出会えるかもしれません。
子どもたちが夢に向かって輝きはじめるきっかけをシゴトの図鑑PROJECTで作ってみませんか。

03再生可能エネルギーの使用

100%再生可能エネルギー電力を
使用して
業務に取り組んでいます

  • SDGs 7.エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  • SDGs 11.住み続けられるまちづくりを
  • SDGs 13.気候変動に具体的な対策を

ハレでんRE100プランfromOKAYAMA 利用契約証明書

私たちトータルデザインセンターは弊社で使用する電力を岡山電力㈱のハレでんRE100プランfromOKAYAMAに切り替えました。
今後は岡山でつくられた発電時にCO2を排出しない再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)のみで企画、デザイン制作など会社のすべての業務を行います。
再生可能エネルギーを利用することで、CO2排出量を削減し、地球温暖化対策に企業として取り組むことが可能です。
さらにハレでんRE100プランfromOKAYAMAは岡山でつくられた再生可能エネルギーを使用するので、地域貢献にも繋がります。
毎日をHappyに。

※「RE100」とは「Renewable Energy 100%」の略称で、国際環境NGO「The Climate Group」が運営し、企業が消費する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目標にした取り組みです。

04政府支給の布マスクを児童養護施設へ贈ろう!プロジェクト

サイズの合わない、
使わないマスクを
児童養護施設の子ども達へ

政府支給の布マスクを児童養護施設へ贈ろう!プロジェクト

政府から各世帯に2枚支給される布マスク。
岡山県内の13の児童養護施設では、子どもサイズのサージカルマスクは大人サイズ以上に不足している状況で、各施設が手作りのマスクで対応を余儀なくされていました。
そんな児童養護施設の子どもたちへ、政府から支給された布マスクを使用しない、サイズが合わないという方のマスクを集め、届けようというプロジェクトです。
このプロジェクトは各種メディアにもとりあげていただき、最終的に25都府県 391施設の子ども達に計 35,617枚を贈ることが出来ました。
全国各地からたくさんのおすそ分けをいただき本当にありがとうございました。

0550周年花火

トータルデザインセンター
50周年記念
感謝の想いを399発の花火で表現

弊社50周年記念として、花火を打ち上げました。
今まで支えてきてくださったクライアント、社員、地域の皆様に感謝の想いを伝えたい。
また、新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが中止になる中、二度とは来ない「2020年の夏」に、心に残る思い出をつくりたい。
そこで、岡山県内の児童養護施設の子どもたちを招待し、2020年7月時点で県内の施設で生活してる子どもの人数と同じ、399発の花火を打ち上げました。

HOME